トーク openbaar
[search 0]
Meer

Download the App!

show episodes
 
ウェディングのプロフェッショナルとして培ってきた知識や経験のあるクリエイター同士で、普段はあまり話さないけどみんな気になる話題...を肴に個性を搾り尽くす、そんなしゃべりの場です🍻 ⬇︎⬇︎YouTube⬇︎⬇︎ 下記URLより実際の映像でトークルームをご覧頂けます[5~10分に編集] ◾︎◼️募集中◼️◾︎ 出演希望やウェディングクリエイターへの質問は気軽にDM下さい🤵🏻👰🏻
 
オーディオドラマ制作サークル「ぽすといっと」のメンバーによる、謎のトーク&罰ゲームをかけたガチンコ対決! 負けた者には、メンバー麻上美誘のお手製鬼畜罰ゲームが施工される!今日の罰ゲームは、あの作品で主演を張ったアイツだ!?You tubeでも公開中!
 
なぜ今の子どもたちにとってプログラミングは必要なベーシックスキルなのでしょうか?プログラミングは、夢を形にする魔法の道具です。国境を越えて友人とつながり、未来をつくる鍵ともいえるプログラミングの魅力を写真や映像でお伝えします。ご案内は、デジタルメディアの開発に携わる朝日新聞社メディアラボのプロデューサー・竹原大祐氏。同デザイナーの宮下洋輔氏と、世界の創造的な事業を支援するトーマツベンチャーサポート部長の木村将之氏とともに小学生から親しめるプログラミングの魅力を語ります。大人の方もお子さまも一緒に楽しめるイベントです。
 
立場も会社も違う3人が、夜な夜な語り合うチャンネル。トークのテーマは「テクノロジー(主にツール関係)」と「仕事」。 例えば、ITセミナーの懇親会や飲みでの会話隣で聴いているような…そんな、ゆるくて雑な個人の雑談レベルのトークですが、私たち3人の誰かと楽しく話したり飲んだり、議論したりできる人が楽しめるような内容にできればいいなと。 そんなトークをお届けします。 ★このポッドキャストは他の環境でも聴けます youTuble(Live配信): https://bit.ly/youtube_twt noteマガジン : https://bit.ly/note_twt anchor.fm : https://bit.ly/anchor_twt iTunes : https://bit.ly/itunes_twt Spotify : https://open.spotify.com/show/1VHSkqnS8dnTfkqBS2jxH1
 
金沢を拠点にフリーのパーソナリティ、MCとして活躍する前田明日香(Asuka Maeda)のポッドキャスト「前田明日香のキッチン・トーク(Asuka's Kitchen Talk)」は、自宅のキッチンからお届けするような、リラックスしておしゃべりするプログラム。架空のFM局の番組のような感じでお届けします。キッチンは、そこから幸せな香りが広がっていくスペース。そんなふうに、この番組からハッピーが広がっていくように…とお送りします。食の話題から旅、音楽、子育て、日々の出来事、お気に入りのアイテム、話題のトピックスなど色とりどりにトーク。お料理を作ったり、美味しいおやつをを食べながらお送りします。あなたも対面キッチンの向かい側に座っているつもりで聞きながら、一緒に一息付いてください。 This is Japanese Podcast Program presented by Asuka Maeda in Kanazawa, Japan.
 
SR企画 / 放送作家・お笑いライブイベント・各種芸能コンテンツ企画運営・タレントマネジメント・デジタルコンテンツ制作 東京都豊島区 代表 澤原宣之
 
Loading …
show series
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 起き上がり動作分析シリーズの3回目となりました。 今回は起き上がる動作の速さの違いによって 何が異なるのか? 文献をもとに議論・説明をしています。 <参考文献> 健常者における起き上がり動作の速度変化における 上肢・体幹の運動学的解析 ↓ https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/35/6/35_893/_pdfDoor asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回に引き続き起き上がり動作についての話です。 今回は、以下の参考文献についての内容報告が主となっています。 ベッドから起きるとき、身体を少し横に向けて捻りながら 肘をついて起き上がる方法をとったとき、 肩の開き具合の違いによってどんなことが異なってくるのか? についての研究です。 <参考文献> 支持側の肩関節外転角度の違いによる片肘立ち位を 経由した起き上がり動作の定量的解析 ↓ https://cir.nii.ac.jp/crid/1390008089765450496Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 起き上がり動作についてです。 人間は寝たままでない限り、 必ず起き上がる動きが必要になってきます。 しかし、 寝返り動作以上に重心の垂直方向への移動が大きいために、 決して簡単な動作ではありません。 また、 起き上がり方も色々な方法が存在します。 赤ちゃんの発達から、加齢に伴うまたはなんらかの疾患で起こる 動きの変化についても話しながら、 起き上がり動作の概要について説明します。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回久しぶりに、“kizuのフルマラソンを走り切るぞ〜う” をお届けします。 残念ながら現在kizu氏は以前傷めていた左ではなく、 右の膝の痛みで走る練習がまともにできていない状態です。 今回は痛みの原因をいろいろ推論しています。 この物語はまだ終わったわけではなく、 今後に向けてどう展開していくか? 長い目で見守っていただければありがたく思います。Door Xic
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 寝返り動作の分析結果を検証してみる、です。 過去に寝返り動作を分析した文献がみつかったので、 それを題材にしてトークを繰り広げます。 自分の寝返りパターンはどういうものか? みなさん意外と知らないかもしれませんが、 身体の動きになんらかの支障が生じると、 思った以上に難しい動作であることがわかります。 その点についても議論しています。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 寝返り動作がどうやって行われているか? なぜうまく寝返ることができない人がいるのか? について話をしています。 一言に寝返り動作と言っても文字通り千差万別、 バリエーションの多い動作の分、 力学的な分析が難しい動作でもあります。 そこのところを、 できるだけ身体運動学的な観点から考えてみようという企画です。Door vKC3ZR
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 楽に楽しく走ると速く走れる?! 今日はそのお話です。 NHK-BSランスマ倶楽部の ゲストに福士加代子さんを迎えた番組 https://www.nhk.jp/p/run/ts/37G6753ZPW/episode/te/2819QKN81R/ を参考にした話になっています。 肩の力を抜いて下を見ずに少し前を見て (場合によっては周りの景色を楽しみながら)、 骨盤を前に傾けた状態で身体(上半身)の真下の地面を踏む感覚で 楽しく走りましょう!という趣旨です。 これが結果的に効率の良い走りで、タイムもアップするかもしれません。 皆さんも参考にしてみてください。…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回のロボットが転ばない仕組みから 逆に人の歩きで転ばないためにどうしたらいいか? のヒントが得られるかもしれません。 具体的には、前に転びそうになった時の加速 それと同時に前絵の大きなステップ そのための股関節の伸展可動域、 さらには足裏の感覚機構の重要性など、 さまざまなことがロボット制御から 示唆されると考えられます。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回までの“kizuの徒然草 in motion”は、 立っている状態のバランスについて(静的バランス)の話でした。 今回は、 歩いている時などの動的バランスの制御について、 その仕組みをロボットの歩行制御の観点から考えてみました。 ロボットは(人は)なぜ転ばずに歩き続けられるか? これを力学的観点から紐解いてみました。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 運動は身体に良い影響を与える(程度問題/限度のある話ではありますが) ということについては異論がないと思います。 一方で運動すると気分もすっきりとして頭の思考力が冴えたり、 良いアイデアが閃いたりという影響もありそうです。 さらには認知能力の改善・維持にとっても好影響をあたるということが 近年の研究ではっきりとわかってきています。 今回は科学的な根拠のもとに運動が脳に与える影響について語ります。 <参考図書> 「運動脳」アンデシュ・ハンセン著、サンマーク出版、2022.Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 立って何かの動作を行う場合のバランス能力とは何か? についてです。 ヒトが立って踏ん張って何かを行うときに、 重心は支持基底面の中でどういう動きをするのか? またそれを操作する足圧中心の動き(と床反力の方向)は? などについて話しています。 幾分難しい話も出てきますが、 最後まで聴いていただければ、少し意図するところは伝わるかなぁ? と思っています。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 最も重力に逆らって行うスポーツ競技の一つに スポーツクライミングがあります。 今回はその競技から学べる、 〜私たち日常生活で身体を動かしている人間にも役立つ〜 ヒントがいくつかあったのでお伝えします。 身体の柔軟性、体感筋力の重要性、身のこなしかた、身体の位置の察知能力、 全身及び各部位の持久性、などなど 身体を柔らかくしなやかに、楽に動かすことを目指したい人にとっては とても役立つ要素が含まれていると思います。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ヒトはただ立っているだけ、 と言っても実は微妙な重心のコントロールをしています。 そのことを物理学(力学)的に説明しています。 重心、床反力、足圧中心などの用語を用いて いかにただじーっと立っているだけに見える静止立位の メカニズムを解明してみましょう! そして、前庭器官からの身体の位置情報や、 足裏の感覚がいかにこの機構を成り立たせているかも 知ることができます。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 重心のお話が中心です。 直立二足歩行を獲得した人類が立っていられることは、 実は不断の(微妙な)バランス調整の上に成り立っていいます。 そのことを重心と支持基底面という 二つのキー・ワードを使って説明しています。Door asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら GAFAに代表されるビッグテック企業が 医療・健康情報を含むビッグ・データを収集し分析しています。 今後の医療はこのようなIT企業との連携が必須になると思われます。 それによってより予防医療への介入が容易かつ有効になる明るい未来を想像できる と同時に、 個人情報を一企業が握ってしまうことのデメリット(個人にとっての)も 考えていかなければならないでしょう。 今回はそんな真面目な話をテーマにしています。Door asakizu
 
Ep200は、番組200回記念!いつも聞いてくださっているあなたに感謝の気持ちを込めてお届けします。いままでで一番聞かれたエピソードは?どんなテーマが人気があったの?ゲストは我が家の長男次男、将来の夢を語ってもらいました。明日香的ポッドキャストのススメもご紹介、最後は「仕事と子育て」についてお話しています。「前田明日香のキッチン・トーク」はこの200回で一旦お休み。充電して再開したいと思っています!
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回の“kizuの徒然草 in motion”は、 物理学の視点から人の身体運動の仕組みを説明していこうというものです。 キー・ワードとして以下の3つの用語が挙げられました。 1.支持基底面 2.重心/重力 3.床反力作用点 ちょっと難しい感じがしますが、 できるだけ具体例を挙げながらわかりやすく説明してくれると思っています。 ヒトが身体を動かすにあたっての 基本中の基本/大前提となる話が続くと思いますので 乞うご期待!Door asakizu
 
Ep199は気まぐれバンライフ。富山県南砺市を発見する旅に出かけてきたレポートをお届けします。北陸エリアで7年連続「住みたい田舎」No.1に輝いている南砺市。そこには古くからの町並みがあって、のどかな田園風景があって、豊かな里山があって、キャンプするにも最高な地域でした。今回訪れたのは、スイスのようなコテージが立ち並ぶ「イオックスヴァルト」。そして、旧利賀村にある「利賀国際キャンプ場」です。イオックスヴァルトでは何とキツネに遭遇!利賀国際キャンプ場では、建築家の隈研吾氏とスノーピークがコラボした「住箱」にお泊りしてみました。おトクな「とやま観光キャンペーン」と「なんと観光クーポン」についてもご紹介。これを使わない手はありません!この夏あなたも南砺市へ旅してみませんか?…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 世に数多ある体操。 中でも代表的なものがラジオ体操です。 全身を動かしてある程度の運動感覚を目覚めさせるには とても有用なのが体操です。 しかし、 もっと意図的にある目的をもった動きを体操に組み込んだとしたら、 その目的を果たすような動きの正確性が必要になってきます。 私たちのオリジナル体操には、 その辺の正確性と目的をもっと明確に知ってもらう必要がある、 という話をしています。Door asakizu
 
Ep198は、夏に食べたい金沢の和菓子を特集しました。美味しい和菓子がいろいろある金沢には、いまの季節に食べたい和菓子がたくさんあります。暑い夏こそ和菓子!ということで、今回ピックアップしたのは、森八の「葛あんみつ」、高木屋の「あんず餅」と「紙ふうせんスイカ」、柴舟小出の「白桃」、美福の「笹餅」&「ささげ餅」。贅沢な一品から遊び心にあふれたもの、シンプルなお餅までさまざまです。緑茶や麦茶と一緒に食べればホッと一息…この夏、あなたも和菓子タイムしませんか?お土産やお取り寄せの参考にもなればと思います。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 大谷選手の、 自分のプレイを最高点にすることを楽しむために 基本的な練習を積み上げていく、 という姿勢から何が学べたか? 日常生活でも、 自分の身体を自由に動かす能力の低下を感じる場面があると思います。 その時が一つのチャンスかもしれません。 それをきっかけに、 日々の身体のメンテナンスをしていくことで、 長い期間自分の身体を自由に動かすことを可能にするのではないでしょうか。 そんな話を繰り広げています。Door asakizu
 
Ep197は、私が毎日飲んでいる「甘酒」についてのお話です。米麹から作られるノンアルコールの甘酒、これが「飲む点滴」と言われるほどのスーパードリンク!美容と健康に抜群の効果があるのです。どちらかと言うと冬に飲むイメージですが、実は甘酒は夏バテ解消にもってこい。今回は私が気に入っている冷たい甘酒ドリンクのレシピ「甘酒マンゴーラッシー」「甘酒レモンラッシー」「甘酒トマトジュース」をご紹介しました。さらに、金沢のおすすめ甘酒もピックアップ。ヤマト醤油味噌と福光屋の甘酒をご紹介しています。あなたもこの夏、甘酒で暑い夏を乗り切りましょう!
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 大谷選手は今年も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。 この4年間ほどの経緯を彼のインタビューで綴った 知られざる4年の真実 をみた感想から話は始まります。 結論として、 ・当たり前のことを当たり前に行うことの重要さと難しさを確認 ・基本的な動作の繰り返し練習の積み重ねが、 さまざまな実際の環境での動作の自由度を決めるのではないか、ということ ・パフォーマンス(≒身体を動かすこと)を楽しむという 最終的な目的をもって運動に取り組む必要性 などについて語っています。Door asakizu
 
Ep196は、ずっとこのポッドキャストでやってみたかった落語に初挑戦!古典落語の演目「平林」を前田亭明日香が披露いたします。正確に言うと、落語というか、落語の演目を朗読したものなのですが、それでも難しい!チャレンジしがいがありましたし、気づく点も多かったです。やっぱり噺家さんって凄いですね。出典は「東西落語特選」というサイトから。それを少し私の方でアレンジしています。これを聞いた息子たちの反応は?あなたも「親子寄席」してみませんか? 出典:東西落語特選 https://www.niji.or.jp/home/dingo/rakugo2/
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら “kizuの徒然草 in motion”;呼吸編の最終回です。 今回は、 呼吸筋トレーニングの効果とそのメカニズムについて 調べた研究論文を紹介します(下記参考文献参照)。 呼吸筋トレーニングをすると、身体運動のパフォーマンスが改善する、 ということはある程度推察できたが、 そのメカニズムについてまでは、はっきりと解明できていないようです。 <参考文献> https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/db/seeds/des37_14.pdfDoor asakizu
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら “kisuの徒然草in motion”;呼吸編もいよいよ次回で終了予定。 今回は、 スポーツ選手は常日頃身体を鍛えているので、 さぞかし安静時の呼吸機能においても一般人より優れている?? と直感的に感じますが、 果たして結果はいかに・・・? <参考資料> https://secure.en.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=2625Door asakizu
 
Ep195は、いま私がとっても気になる町「宝達志水町」の魅力についてお話しました。石川県のちょうど中央にある宝達志水町には、豊かな里山里海があります。日本で唯一砂浜を車で走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」は世界に誇るビーチ。そこを我が家のキャンピングカー「ラムバンくん」で走ってみたら…最高でした。さらに美味しいものもいっぱい!黒いダイヤと呼ばれるイチジク「黒蜜姫」や和菓子の「おだまき」さらにはオムライスの町としても知られています。観光はもちろんですが、スローライフがしたいと思っている方にとって、ぴったりの移住先候補になるかもしれません。これからは宝達志水町がアツい!?
 
Ep194は不思議なミステリーの旅。石川県の宝達志水町にある「モーゼの墓」についてのお話の後編です。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の最も重要な預言者と言われているモーゼのお墓が石川県にある!?と知り、早速足を運んだ私。そこは現在、伝説の森モーゼパークとして整備されています。森林浴しながら散策できる公園なのですが、私が行った時は誰も人がおらず、ひっそりとした状況。公園の山頂にあるモーゼの墓は風を感じるパワースポットでした。伝説の根拠となる竹内文書や、偶然とは思えないミステリーの数々についてもご紹介しています。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回は雑談風に、 そもそも人間は運動をすることを必ずしも苦とは思わない? どんな人でも何の脈絡もないようなことから運動をしたいと感じることがある、 という話から始まります。 黙々と写経をして気持ちがいい、 こんな感覚が運動で生じてもいいのではないか? 実際、黙々とランニングをして気持ち良いと感じる場合・人もいるわけで、 運動しないことによる不具合や、運動することの効用、どんな運動が適しているか これらを考えて運動を行うことはとても重要ですが、 それ以前の故人が自ら動きたい!と思うような瞬間を 見逃さずに捉えて実践できる環境を提供することも 大事だろう、と思います。…
 
Ep193は不思議なミステリーの旅。石川県の宝達志水町にある「モーゼの墓」についてのお話です。みなさんはモーゼってご存知でしょうか?ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の最も重要な預言者と言われているモーゼですが、一番有名なのは映画「十戒」で海を割るシーンかもしれません。でもそれは遠い昔の遠い国でのお話…かと思っていたら、そのお墓が日本にある!しかも私の近所の羽咋郡宝達志水町にある!というのです。そこは現在公園として整備されているのですが、一体どんなところなのでしょうか?ミステリーハンターとして足を運んでみました。今回はまずモーゼが登場する旧約聖書の「出エジプト記」を簡潔にご紹介。モーゼについての基礎知識を学んでみましょう。…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回のkizuの徒然草 in motion;呼吸編は、 心と呼吸の関係についてです。 心理的に緊張した時、呼吸数が増したり うまく呼吸できなかったりと 心理的な影響が呼吸に及ぼされます。 逆に呼吸の調整が心理的な安静をもたらすこともありそうです。 その辺について少し詳しく述べてもらっています。 <参考図書> 「呼吸の科学」石田浩司・著、講談社;ブルーバックス、2021Door asakizu
 
Ep192は、もし地震が起こった時に子供と一緒に唱えたい防災の合言葉についてご紹介しました。その言葉とは「おかしもすき」「いかのおすし」「よいこ」の三つ。お子さんがいるご家庭であれば、ぜひその合言葉の意味を話し合って、親子で共有してくださいね。我が家が普段から災害に備えているあれこれや、子供たちと確認し合っていることについてもお話しています。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 引き続き運動習慣づけに関する話です。 特に加齢にともなう運動能力の低下はいつから始まるのか? 何かきっかけなり変換点が実はあるのではないか? と考えています。 それに早く気づく環境があれば、 もっと多くの人が運動をすることの楽しさ(必要性の先に)に 自覚的になれるのではないでしょうか? そんな話が今回繰り広げられています。Door asakizu
 
Ep191は、金沢を訪れたらぜひ足を運んでいただきたいおすすめスポット「鈴木大拙館」のお話です。鈴木大拙は、世界的な仏教学者であり、欧米に「ZEN(禅)」を広めた金沢出身の仏教哲学者。鈴木大拙館はそんな大拙の思想に触れることができる施設です。そこは来館した人が建物と一体になって感じたり、考えたり、自分と向き合う場所でした。今回初めて行ったのですが、その空間にすっかり魅了された私。掲示されていた大拙のメッセージを読んで、いまここに来た理由が分かったような気がしました。水鏡の庭を眺めながら私が思索したことは…?
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回と次回の2回にわたって、 運動習慣づけの難しさと、 それを成立させるために考えるべきことなどについて フリーにトークしています。 運動の必要性が理解できているにもかかわらず なかなか習慣づけ・意識づけ〜身体の動きを日々の生活場面で意識する〜 ができない層に対してどんなアプローチ・仕掛けや どういう捉え方をした良いかについて話しています。 運動が習慣づけられない層と言っても一様ではないでしょうから、 それらに細かくナビゲートする環境をいかに提供できるか? またそのハードルをいかに下げることができるか? あたりがテーマになっています。…
 
Ep190は青空文庫から、アンデルセンによる「いたずらっ子」の朗読をお届けします。19世紀に活躍したデンマークの童話作家アンデルセン。彼の作品はいまでも世界中で愛されて、読みつがれていますよね。「マッチ売りの少女」や「みにくいアヒルの子」「おやゆび姫」など有名なものは多いのですが、今回選んだのはアンデルセンの知られざる作品。大人が楽しめる童話です。もしお子さんと一緒に聞いていただいた際は、あなたの実体験を教えてあげてくださいね(笑)
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 前回の続きをお送りします。 リズムと身体の動きについて、 身体には内的クロックというものが存在する。 いわば身体の動きを形作るリズム発生器のようなものかもしれません。 これが外側からの音やリズム音(音楽やメトロノーム)によって影響を受ける という研究報告について話しています。 この内的クロックが覚醒度にも関係するのではないか? という話が続きます。 また、 運動を覚えていく段階において、 リズムの重要性を再認識したという話が続いて行きます。 いずれにしても身体運動とリズム(音楽)との重要な関連性について 興味深い話がされています。 お楽しみいただければ幸いです。…
 
Ep189は、「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」というコンセプトで作られた「バーミキュラ」のお鍋を使って、無水カレーを作ってみたお話です。愛知ドビーという会社が製造している「バーミキュラ」。ずっと気になっていたんですが、「暮らしを変える鍋」「手料理と、生きる」といったメッセージに惹かれ、今回お鍋をゲット。無水カレーを作ってみたら、野菜のうま味、甘みが凄すぎました。気がつけば、娘のお嫁道具にも送りたいほど一生モノのお鍋だと確信。どうして私がバーミキュラを選んだのか?ちょっと気になる点(デメリット)についてもお話しています。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回と次回の2回にわたって リズムと身体運動についてもう一度考えてみます。 実際の体験として、 スポーツリズムトレーニングの体験の話から始まり、 認知症へのリズムを基盤としたプログラムを施行した効果を検討した 研究論文の紹介へと続きます。Door asakizu
 
Ep188は、ダイエットや低カロリー、低糖質で注目されているオートミールを使って、お好み焼きと参鶏湯を作ってみたお話です。我が家では今までオートミールをオーバナイトオーツやお菓子作りに使っていましたが、お料理に使ったのは初めて。果たしてそのお味は?やってみて分かった美味しく作るコツや注意点についても触れてしますので、良かったら参考にしてみてくださいね。 <お好み焼き 材料> オートミール30g、水150ml、豚肉100グラム、キャベツ100g、卵1個、和風だしの素小さじ1/2、青のりや鰹節、紅生姜などはお好みで <参鶏湯風スープ 材料> オートミール30g、水180ml、サラダチキン1/2、長ネギ5センチ、白入りごま、ごま油、おろし生姜小さじ1/2とおろしニンニク少々(チューブでもOK)、塩…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操全体を通してのリズム/テンポパターンを調節してみました。 比較的ゆっくりな動きの基調テンポは60bpmで、 ステップとジャンプは120bpmで統一してみました。 ゆっくり動くパーツでは、 基調テンポの何拍を動きに使うか? この点のバリエーションはたくさんありますので、 テンポをそろえた上で、何拍にするかで異なる動きになってきます。 この辺もモジュラー型の体操として応用できるかもしれません。Door asakizu
 
Ep187は、気まぐれバンライフ。2022年のGWに旅してきた旅行記の後編です。今回は、福井県大野市の山奥にある麻那姫湖青少年旅行村でキャンプをしたこと、麻那姫にまつわる伝説、RVパークもある道の駅「越前おおの 荒島の郷」で「モンベル」が行っているカヤック体験をしたこと、さらに石川県の白山吉野オートキャンプ場で締めのキャンプ、おすすめの温泉…と盛りだくさんな内容です。旅が終わって長男が言ったひと言が、今回のGWを言い表していました。その言葉とは?
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら リズム/テンポを変えたジャンプシリーズ3です。 結論として、 その人の状況などによって跳び方は若干変わる=戦略の違い ということでした。 後半は、 リズムをアップテンポにしていく効果として、 覚醒度や認知機能の向上に関わるという 興味深い研究結果についても言及されます。 さらに、 オリジナル体操における全体のリズム/テンポ構成を 再度考えるきっかけになりました。 次回以降、 体操のテンポ構成について話すことになりそうです。Door asakizu
 
Ep186は、気まぐれバンライフ。2022年のGWに旅してきた旅行記の前編をお送りします。今回は「近場を大いに楽しもう!」がテーマ。まず向かったのは霊峰・白山の麓にある一里野高原です。そこには大好きな「猫ヶ島の弥四郎の大栗」があって、私にとってのパワースポットなのです。一里野ではゲストハウスで山菜も堪能しましたよ♪ 翌日は子どもたちの恐竜パラダイス、福井県勝山市にある「かつやま恐竜の森」へ。「かつやまディノパーク」で映画「ジュラシック・パーク」の世界に飛び込みました!
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回再び、 速いリズム/テンポでジャンプ動作をしてみました。 前回より跳ぶ距離をおさえて、できるだけ速く跳んでもらいましたが、 体幹を反らして下肢だけ跳んで戻す感が強く、 モーグルスキー選手のような体幹を固めて残す跳び方とは異なった動きでした。 もっと跳ぶ距離を縮めて、体幹を固めて跳ぶようにできないか? もう1回チャレンジする予定です。 いずれにしても、 120bpm程度のテンポが一番跳びやすい印象でした。 次回もお楽しみに。Door asakizu
 
Ep185は青空文庫から、江戸川乱歩「指輪」の朗読をお届けします。この短編小説は、いわゆるト書き(セリフ形式)で書かれています。舞台は列車の中、二人の男AとBの会話によってお話が展開していきます。朗読で男性二人を演じ分けるのは、私にとってちょっとしたチャレンジでした。さて…失くなったダイヤの指輪は一体何処へ?雨のお休みにちょっと一息、日本を代表する推理小説家・江戸川乱歩の世界をお楽しみください。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 今回は前回に引き続き、 リズム/テンポを変えてステップ動作を行ってみました。 ジャンプ同様 120-140bpmくらいのテンポが一番リズミカル/軽快に動作を行える印象でした。 転じて、 身体にある不具合を感じる方でも、 〜特に左右差がある場合〜 左右を同期させる一定のリズム/テンポを見つけて その練習を行うというのも動作学習には必要なことかもしれないと感じました。 また、 オリジナル体操に関しては、 ゆっくりテンポの動きに関しても リズムを決めて行うことが必要だと改めて感じました。 次回は再び、 リズム/テンポを変えたジャンプを行ってみる予定です。…
 
Ep184は日本海の孤島「舳倉島」を訪れた旅行記のパート3。貴重な“圏外の旅”の最終回をお届けします。ゴツゴツした岩場の海岸を探検していた時、私たちが発見したのは「海の宝石」と言われる生き物「ウミウシ」でした。その生態を観察しながら大興奮!島は子どもたちにとって最高の冒険の場、学びの場だったのです。偶然出会って声を掛けてくれた心優しい海女さんとのやり取りもご紹介しています。※ちなみに、舳倉島は4Gの電波がバリバリつながります。
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら オリジナル体操でも行っているジャンプ動作を さまざまなリズム/テンポで跳ぶとどうなるか? を試してみました。 1分間に120回(120bpm)程度のテンポが 比較的スムーズな動作を引き起こすような印象を受けました。 もう少し練習をしていくとさらにスムーズにもう少し早いテンポでも 動作が滑らかになるのかもしれません。 次回は、 同じようにステップ動作でも色々なテンポで 行ってみることにしました。Door asakizu
 
Ep183は日本海の孤島「舳倉島」を訪れた旅行記のパート2をお届けします。へぐら航路のフェリー「希海(のぞみ)」に乗って輪島港を出航、舳倉島へ向かった私たち。到着してみると、そこは観光色が一切ありませんでした。特別なレジャーがあるわけではないので、のんびりと歩いて島を探検。そこで出会った光景の一つひとつが貴重な体験で、まるで映画の世界でした。舳倉島の魅力と自然の猛威を同時に感じることができました。
 
Loading …

Korte handleiding

Google login Twitter login Classic login